県内農業活性化のため、円滑な農業技術情報の共有・先端技術研究・他産業連携を目指す。

会員の声

会員の声

有限会社三輪農園
代表取締役社長 三輪民雄

業種を越えた情報交換の場が、
経営者としての視野を広げる。

一企業として農業を営むということは、生産農家として愛情を持って農作物に向き合う事はもちろんですが、経営者としての視点を獲得することが重要な課題だと思います。事業をどのような戦略のもと、管理・コントロールしていくか、消費者とどのように関わるか、日常業務におけるリスクをどのように管理するかなど、鋭い経営感覚が要求されます。

三輪農園は、前橋で主に米・麦とミツバの水耕栽培に取り組んでいます。農業法人協会に所属したことで、同じ米・麦・ミツバ栽培に取り組む仲間や、業種を越えた経営者たちと、技術情報にとどまらない情報交換ができるようになったことは最大のメリットでした。経営者として、視野を広げる良いきっかけになったと思います。

また、規模拡大に伴い、当然従業員の数も増えます。一緒に働くスタッフたちに如何に気持ちよく、安心して働いてもらい、一人ひとりの力を存分に発揮できるようにするか。人材の採用、育成、職場環境の整備に関しては、野菜農家でも畜産農家でも共通する事はとても多いと思います。むしろ他業種の現場だからこそ、新しい発見と学びがたくさんあるのだと思います。

最近では、自社で栽培・収穫した農産物の販路拡大のため、ホームページ等の広報物での情報発信にも力を入れるようになりました。少しずつですがその効果も見え始めています。

企業として農業を営むことは、地域のためにも、日本の「食」のためにも推進するべき活動だと思います。志の高い仲間と一緒に、力強い農業を実現していきたいと思います。

会員の声 群馬県農業法人マップ
先頭にもどる